カーシェア対応の保険の現状

いつもClooks Official Blogをご覧いただき誠にありがとうございます。

シェアリングエコノミーとは、インターネットを介して
個人と個人の間で使っていないモノ・場所・技能などを貸し借りするサービスです。

IMG_4268

モノ、スペース、スキル、時間…
あらゆる資産を共有する ’’シェアリング’’ に対する考えや
消費スタイルが日々変化し広がりを見せています。

東京海上日動火災保険株式会社は一般社団法人シェアリングエコノミー協会と共に
シェアリングエコノミー専用の賠償責任保険の販売を開始して1年が経過しました。

そこで今日はカーシェアユーザーが増えてきている中で、どんな保険が展開しているのか
カーシェアの保険の現状をご紹介していけたらと思います。

友だち追加

多様性のある保険の実態

【プラットフォーム運営者としての保険】

オールインワン保険とは損害保険ジャパン日本興亜株式会社が2016年11月に開始した保険です。

シェアリングサービスの提供に伴う対人・対物事故が生じた際に負う法律上の賠償責任を補償するもの

この保険はシェアリングエコノミー協会に加盟しているシェアリングサービスの

プラットフォーム事業者を対象としており提供サービスの種類ごとに商品が設計されています。

補償の対象となるのは事業者だけでなく、実際にサービスを提供する個人にも対応。

月ごとなどではなく、マッチング(1回の利用)ごとの料金で設定されているため

サービス提供があった時のみ保険料を支払うシステムになっています。

またプラットフォーム事業者独自の要請に合わせて補償の内容等をカスタマイズすることも可能とのこと。

様々な形で発展していくシェアリングサービスに最適な保険といえます。


content


【カーシェアサービスのご利用される方に対する保険】

カーシェアサービス利用者として保険加入をお考えの方は

東京海上日動のちょい乗り保険のご加入が一番手軽でオススメです。

手順は事前登録と利用申し込み、契約成立と大きく3STEPに分かれており

大手携帯キャリア会社(NTTドコモ・au・ソフトバンク)であれば

月々の支払いに計上する方式でご利用頂けるのが、大きな特徴です。

詳細の流れは下記のURLでご確認ください。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/auto/ichinichi/guide.html



借りるまでにちょい乗り保険に入り忘れてしまった方や

借りる場所の近くにセブン-イレブンがある場合は、1DAY保険がオススメです。

値段や保険内容は500円から1800円と手軽なメニューが多いので

お使いのシーンに合わせてご利用いただけます。

Clooksに登録されている車両が比較的高級車が多いため

1500円以上のプランにご加入いただくことを強くオススメ致します。

保険内容はコチラからご覧下さい。


【関連記事】:ポルシェ限定体験スタート!!


皆様いかがでしたか?? 

これからも保険会社だけでなくコンビニで手軽に入れる保険が増えてきているんですね。

カーシェアって保険がどうなっているか分からないから怖くて利用したくないと

迷っていらっしゃる方は是非この機会に何がいくらまで保証されるのか見てみるのもいいかもしれませんね。


輸入車に特化した個人間カーシェアリングサービス「Clooks(クルックス)」

Clooksは普段使われていない輸入車を1日単位から貸し借りが出来るカーシェアリングサービスです。
東京ナンバーの輸入車であれば、気軽にシェア出来ます。


オーナーとしてクルマを貸し出したい方はこちら!
ユーザーとしてクルマを利用したい方はこちら!
https://twitter.com/Clooks_tokyo 


LINE@を始めました!


公式アカウント「LINE@個人間カーシェアリングClooks」 
カーシェアリングに関するClooks情報をLINEでお届けしています。

例えば・・・
・新機能、登録車種のご紹介
・メンテナンス情報
・Clooksサービス説明会やイベントのご案内
・カーシェアリング活用事例のご紹介
等々

大事な情報も届きますので、忘れずに友だち追加をしてください!


友だち追加